お金がないのに習いごとをしている30代未婚女が語る習いごとの魅力

スポンサーリンク
30代未婚女性の習いごと
さすらい独りもの日記
スポンサーリンク

独子です。

今日も金がない~金がない~

のですが、実は私は習いごとを3つしています。

 

 

 

(ー_ー)!!

 

 

【参考】

30代前半パラサイトシングル女の今年度のリアル収支

30代前半パラサイトシングル女の現在の貯金額

 

大学を卒業してから習いごとに費やした金額は、、、

なんと!

150万相当…

 

やばすぎです。

 

そんな習いごとマニアの私ですが、

30代未婚女性に習いごとがおすすめな理由

今日はお伝えします。

 

 

習いごとを始めたきっかけ

私は当時、一般企業に就職してOLをしていました。

もともと放浪癖がある私は、

毎日同じ時間に、同じことをする

「会社」が自分でも驚くほど苦手でした。

 

そんな日常にちょっとでも

新鮮さをもたらしたいと思ったのがきっかけで

習いごとをはじめました。

 

働きながら頑張って通ってましたね、習い事。

(ー_ー)なつかしい。

 

今は働かずに習いごと。やばすぎ。

 

今までに通った習いごと

私が現在までに通った習いごとは、5種類です。

(教室数でいうと7教室)

 

■彫金教室■洋裁教室(計3か所)

■ダンス教室■ヨガ■文章教室

 

どれも週1で1時間~2時間程度のものでした。

 

例外として洋裁教室のうちのひとつは、

ちょっと本格的なところに行きすぎてしまい

(当時はお金もあったので)

週末全部つぶれる勢いで、通ってました。

 

しかし、現在はもう、洋裁やってません。

(ー_ー)いろいろやばい・・・

 

習いごとマニアが語る習いごとの魅力

大人になってから、5種類、7教室に通ってきた

私ですが、習いごとの魅力を存分に語りたいと思います。

 

この年になっても、毎週成長を感じられる

仕事で成長を感じている方も中にはいらっしゃるかと思いますが、

30代にもなると、

仕事はルーティーン化してきて、

同じことを毎日するだけ・・・

という方も多いのではないでしょうか?

 

私が会社員だったときに習いごとを始めたのも、

会社員生活があまりに退屈で、

何も目新しいことがなくて、、、

と悩み始めたのがきっかけでした。

 

どんな習いごとにせよ、

新しいことを練習して、習得して、

どんどん上達することができます。

 

この年になってからでも、

新しいことをするとわくわくしますし、

上達すると嬉しいですよね。

 

毎週上達を感じられるのは、

習いごとの魅力の第一位です。

 

知らない世界を知ることができる

私はこれまで、普通な道を歩んできました。

一般的な学校を出て、それから一般企業に就職しました。

 

私の周囲の人も、私と同じような道のりを

歩んできた人達がほとんどです。

皆さんもそうではないでしょうか?

自分の周囲には自分と似たような人が集まって、

そして自分が知っている世界の中で生きています。

 

しかし、習いごとでは、

普段自分がいる世界とは、全く違う世界に触れることができます。

 

例えば、洋裁教室ひとつとっても、

ファッションショーだったり、

有名歌手の衣装だったり、

 

普段耳にすることのないワードが飛び交い、

新たな業界を知ることができます。

 

世の中には、こんな世界があるのだな、

と知ることができます。

 

そして、習いごとの中で才能が芽生えた人ならば

(独子は・・・芽生えてはいない・・・まだ)

 

入口の習いごとからさらに奥に、

その新しい世界に飛び込むこともできます。

 

実際に、独子が通ったダンス教室では、

30代前半から初めて、才能が開花して、

そのままプロの道に進んだ人も何人かいます。

 

プロまではいかなくても、

インストラクターとしてお給料をもらえてる方もいます。

 

習いごとは、普段の自分を

新しい世界に誘うきっかけになるのです。

 

コミュニティができる

友人・恋人などとの出会いがありそうと思って、

習いごとを始められる方も多いのではないでしょうか。

 

私は出会いを求めて

習いごとを始めたわけではないですが、

実際に習いごとをする中で、

たくさんの人達に出会い、

教室のコミュニティに属すことができています。

 

私は若干、人見知りなので、

仲のいい友達ができたわけではないですが、

実際仲のいい友達ができる方や

ご結婚される方なんかもいます。

 

私は単にコミュニティに属しているだけですが・・・

(ー_ー)

 

それでもアフター5に習いごとに行って、

知りあいの人達と一緒に楽しく過ごすことができて、

生活に張り合いが生まれています。

 

ストレスをリセットできる

習いごとの多くは、週に1回通うのだと思います。

他の日は、ストレス社会の荒波にもまれていたとしても、

「あ、明日習いごとや」

と思うと、がんばれます。

 

そして、習いごとにいくと、

普段とは全く違う人々に会い、

新しいことを学びます。

 

このように週の中で、

ストレスを解消できる日が生まれ、

結果、いい生活リズムが形成されるのも、

 

習いごとのいいところだと思います。

 

特に、体を動かす系の習いごとは、

あーだこーだ考える暇もなく、

ひたすら動き回るので、

リフレッシュできてとてもおすすめです。

 

体を動かす系の習いごとは、

肩こりなどで疲れている方には、

ぜひおすすめです。

体を動かして、疲れるのですが、

不思議なことに、幸せな気持ちになることができます。

 

おすすめしない習いごと

私が実際に習った経験から、おすすめしない習いごとをお伝えします。

※独子のようにふわっと習いたい方におすすめしない習いごとです※

課題が多すぎる習いごと

私が以前通っていた洋裁教室は、

課題がものすごく多くて、大変でした。

フルタイムで働いて、家事なんかもしている方には、

もっともっと大変です。

 

どうしてもそれを習いたいというのであれば、

頑張れると思いますが、

私のようになんとな~く習いたい人にはお勧めしません。

 

習いごとの日以外にも、

習いごとの課題に追われるとなると、

モチベーションが高くないと続きません。

 

楽しむために通う方には、

当日いくだけで楽しめる習いごとがおすすめです。

 

人間関係がギスギスしている教室での習いごと

以前通っていたダンス教室は、

先生がものすごく、怒りっぽい性格の方で、

きっとダンサーには向いているけれど、

教室運営には向いていない方でした。

 

生徒さんもかなり怯えていました。

 

また先生のひいきなどによって、

生徒同士もギスギスしていました。

 

こういう教室は、よっぽど

その先生に憧れを抱いていない限りは、

さっさと辞めた方が得策です。

 

私も教室の雰囲気に違和感を覚え始めて

すぐに辞めて、

同じことを習える別の教室を探しました。

 

別の教室は、生徒さん同士がものすごく

爽やかなコミュニケーションをとっていて、

先生も、エネルギッシュな方でした。

 

やはり自分でお金をかけて通うのだから、

なるべく楽しみながら頑張れる教室に

通えたらいいですよね。

金儲け主義の教室における習いごと

金儲け主義の教室では、

習いごとをしないでください。

 

当たり前のことなのですが、

実際に教室にいくと、こういう教室は、

口がうまい営業がいます。

 

そのために、一見いい教室のように思えるのです。

 

はじめに150万円習いごとにかけたと書きましたが、

100万円は、とある洋裁教室に払いました。

 

巧みな言葉で入会を誘ってくるのと、

私も当時夢見がちだったので、

大金をはたきました。

 

しかし入会してからのフォローアップはゼロで、

ミシンの故障も多く、

せっかく行ったのに1時間ミシンの修理に

追われることもよくありました。

 

親切な講師の方もいましたが、

正直この内容で100万円はしないのでは?と思い、

他の生徒さん達ももそんな風に話してました。

 

しかし一括支払いだったので、辞めるにもやめられず・・・

今考えると、他にもっと安くて、

同じ内容を学べる教室があっただろうなと思います。

 

言葉巧みに誘われても、鵜呑みにせずに、

冷静な頭でしっかりと考えてから

入会するようにしてください。

 

 

ね(ー_ー)!

 

いい教室と悪い教室の見分け方

とっても難しいのですが、私なりの考えを書きます。

 

うまい生徒さんがいる教室は◎

別にプロになる目的でなくとも、

生徒さんが全員へたくそな教室は、

いくら授業料が安くともだめです。

 

先程書きましたダンス教室は、

同じ種類のダンスの他の教室に比べて、

授業料が安いため、人気でしたが、

3年習っている生徒さんも、

初心者もそんなに変わらないほど、

生徒さんが上達していませんでした。

 

こういう教室は、確実に教え方に問題があるので、

いくら先生に憧れて入ったとしても、

なかなか習得ができません。

 

先生の踊る才能と、教える才能は別です。

体験入学なり、公演会だったりを見たときに、

意識してみるようにしてください。

 

生徒さんの入れ替わりがはげしい教室は×

実際に入ってみないとなかなかわからないものなのですが、

もし体験入学の際に、既に習っている生徒さんと

お話しする機会があれば、

何年習っているのか、などを聞いてみてもいいかも知れません。

 

入れ替わりが激しい教室は、

やはり教室運営に問題があるといえます。

 

やたらケチな教室は×

教えてもらっていることの対価としてお金を払うのは、

あたりまえなのですが、

ちょっとしたことでも、

いちいちお金を請求する教室はよくありません。

(ただし支払わなければならない根拠がしっかりしていて

納得できれば、払う必要がありますね)

 

私は教室規約に振替受講が可能と書いてあったにも関わらず、

振替受講ができないと言われたり、

手続きにお金がかかると言われたことがあります。

 

もちろん規約が変わったのなら仕方がありませんが、

それを生徒にきっちりと伝えていない点で、だめです。

 

いちいちお金をとりたがる教室は、

生徒のことを第一に考えていない可能性もありますので、

しっかりと見極めるようにしましょう。

 

最後に、習いごとをおすすめしない人

忙しすぎる方には、残念ながら習いごとはおすすめしません。

私が通っていたダンス教室にも、

忙しすぎるのに来られていて、

毎回遅刻されている方がいましたが、

やはり途中からクラスについていけなくなり、

結果、来ることがストレスになって辞められました。

 

時間にある程度、余裕が持てないと、

習いごとが逆にストレスになってしまいます。

 

 

また、精神的に余裕がないのに、

新しいことを始めたいからといって、

習いごとをするのも、よくないかも知れません。

 

以前の私にもいえることですが、

精神的に余裕がないときの習いごとは、

見につきませんでした。

 

習いごとにいくのが億劫でストレスで、

もったいないことをしました。

 

やはり、楽しんで、習いごとに行くようじゃないと、

習いごとをする意味がないので、

 

時間的にも精神的にも、

ある程度余裕ができたときに、

習いごとを始めるのがおすすめです。

 

以上です!!!

 

 

さ~て、来週も習いごとに

行ってきます

(ー_ー)エンジョイ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました