30代未婚女を襲った年下彼氏との一大事①

スポンサーリンク
30代未婚女性の婚活
さすらい独りもの日記
スポンサーリンク

こんばんは。

昨日の日本VSセネガル、皆様ご覧になられましたか?
日本では、盛り上がっていたのでしょうか?

私は今海外にいて、日本の友達と2人で、
スポーツバーに行きました
(W杯用に5日前くらいにできたばかりだそう・・・)

私達以外、
誰も試合を見ていませんでしたw

むなしく応援していたのですが、
追いつき、追いつきで、2-2のドロー!
乾選手、本田選手のゴールの際には、
思わず友達とハイタッチをしました★

私達が地味に盛り上がっているときだけ、
他のお客さんも一瞬、おめでとう的な動作。
ふん

さて、今日は、
『私を襲った一大事・・・』
と題しまして、
このブログを始めるきっかけとなった出来事について、
書きます。

私は、1年ちょっと付き合っている彼氏がいるのです。
わんちゃんに似ているので、『子犬くん』とでも呼びましょうか。

私は年に1,2回ほど、何か月か海外に行く生活をしているのですが、
そのことも子犬くんは理解してくれていました。

今回離れ離れになる前には、
たま~に将来の話なんかも出たりして、
今考えると、完全に、
お花畑脳みそでした。

来月はあれしよう、これしよう、
親への挨拶はいつするかなど、
将来を前向きに考えながら、
ほわほわした日々を過ごしていました・・・

海外に来てからも、毎日LINEや電話をして、
むしろ日本にいるときよりも、
色んなことが話せて、嬉しいなぁと思っていました。

子犬くんは20代でぴちぴちなのですが、
(私は30代前半)
年下の彼氏特有(?)の可愛いところもあったり、
年齢の割にしっかりしているところもあったり。

正直、付き合い始めは、
いかにも若い子の恋愛
って感じもあって、
『めんどくさいなぁ~』と思うことも、よくありました。

例えば、毎日の電話。
はじめはスマホを肌身離さず持ちながら、
電話を心待ちにしていましたが、
段々とめんどくさく・・・www

『何を毎日話すことあんねん・・・』
とスルーしたことも何回かありました。
話の途中で寝たフリをして、そのまま電話を切ったこともありました。

他には、会う頻度の問題。
子犬くんは、できれば毎日会いたいタイプで、
私は、週に1回会えればいいタイプ。

私は実家暮らしのため、実家の居心地良さから、
会える日(特に泊まりのとき)はウキウキする、というよりは、
重い腰を『よっこいしょ・・・』ってな感もありました。

でも、1年かけて、
こうしたお互いのずれを、
ちょっとずつ修正し、あれやこれやを話し合って、
最近は波風もなく、平穏な日々を送っておりました・・・。

これからずっと、この人と一緒に、
穏やかに暮らしていくのだろうなぁ・・・
と思い、単純に幸せでした・・・(遠い目)

コメント

タイトルとURLをコピーしました