バツイチ子持ちの年下彼氏と出会う前③

スポンサーリンク
30代未婚女性の婚活
さすらい独りもの日記
スポンサーリンク

こんばんは
今日も良い一日でしたでしょうか?

私は今日は、
現地の友達と一緒に、
買い物に行ってきました

ローカル市場をよく知る人と、
一緒に出かけると、
ツーリスト向けではない、
その土地の色んな姿が見えるので、
とても好きです

私の用事に付き合ってもらったのに、
バス代やおやつ代、
全て払ってもらってしまいました・・・

そのうち、
ちがう形で絶対に、
お返しをしようと思います

20代の中盤あたりまでの自分は、
色んな人の親切に対して、
『やってもらって当たり前』
と無意識に思っていた気がします。

それと同時に、
何かしてあげたときは、
『見返り』を求めていたと思います。

お礼だったり、評判だったり・・・

それが最近、
全くないことに、
ふとしたきっかけで
気付きました。

自分、
成長してましたわ・・・
(鼻の下こすり)

もう30代やからガチ当たり前という
意見は全力で無視
(ー_ー)

今日は、婚活アプリの続きです

最近、子犬の話と、出会う前の話を
交互に描いているのですが、
特に意味はありません・・・

子犬の話は、最近のことすぎて、
生傷なので、
(しかも超じゅくじゅく)
息抜きがてら、他の話も挟みます。

子犬話だけに興味をもって、
見に来て下さっている方、
申し訳ありません。

しかも、出会う前の話を
書いているうちに、
色んなことを思い出して、
あれもこれも詳しく書きすぎて、
子犬になかなか、出会えません

子犬、まっててね~

まぁ・・・
出会ったきゃぴきゃぴの頃の話を
今書くのも、辛いんで、いっか。

もうすでに、
子どもも前妻さんもいたんでしょうに。

30代にして生まれて初めてグレそう。


てことで、今日は婚活アプリの

3人目:ツチノコさん

とのエピソードです。

1人目の文鳥さん
2人目の走るドクターさん

とは結局うまくいかず、

私は婚活アプリをしながら、
海外に3カ月程
滞在することにしました。

そこでメッセージ交換がスタートしたのが、
ツチノコさんです。

※ツチノコは幻の生き物なので、
スタンプをこれにしてみました※

ツチノコさんは、
広告関係のお仕事をされている方で、

もう、プロフィール写真から、
『大人な男・・・(くらくらっ)』
的なしぶい魅力が満載でした。

人付き合いが、
とても大切な仕事をされているからか、

メッセージの返信も
とても丁寧で、
キャッチボールも素晴らしく、

『素敵な人だな』
と思いました。

cf.)走るドクター

ひとつだけ気になる点がありました。

それは、『バツイチ』である、
ということです。

ツチノコさんは、
当時の私より3つ年上でしたので、

離婚経験のある方も多いかと思い、
お子様もいなかったので、
そこまで気にはならなかったけれども、

それでも
離婚した理由については、
とても気になりました。

でもなんとなくメッセージでは
聞きにくい話ですよね

会ったこともない方ですし・・・。

しかし、私は海外在住中。
すぐに会って話すことはできません。

そこで、
『電話しませんか・・・?』
と提案しました

すると、快く応じて下さいました

~はじめての電話のとき~

※私は緊張しすぎて、
ベッドに正座して、壁を見つめていました※

私『・・・あ、もしもし』

ツチノコさん『あ、もしもし』

私『はじめまして、独子(私)です

ツチノコさん『ふふ、はじめまして~』

・・・
この・・・
私がワタワタしているのに対し・・・
余裕をもって笑う・・・
大人低音ボイスに・・・
私は打たれました・・・
・・・

バリバリバァーン。
注:稲妻の音

かっこいい。
大人な男の人、かっこいい。

そこからは、
日本・海外と遠距離ながらも、
ツチノコさん一色な日々が始まりました

コメント

タイトルとURLをコピーしました