バツイチ子持ち年下彼氏と別れる必要はあるのか?③~後妻について調べてみた~

スポンサーリンク
30代未婚女性の婚活
さすらい独りもの日記
スポンサーリンク

こんばんは
今日はどんな一日でしたか?

私は今日は、
オイルマッサージ
に行ってまいりました。

めちゃくちゃ気持ちよかった・・・

・・・ということを
書きたいのですが、

え。今天井からなんやら鳴き声が。

ちゅうちゅう。

え。
絶対ねずみ。

しかも、
複数おる。

ヲワタ

・・・まぁほっとくしかない
お騒がせしました。

そういえば、
私は虫が出ると
『退治しないと』という脳になるのですが、

子犬
『害はない限りほっとく』タイプでした。

子犬は、
都会っ子の私からすると、
とてつもなく大自然の中で、
育ってこられました。
(『い〇か』とか言おうもんならスネる)

ずっと『い〇か出身』と聞いていたので、
※自分で『い〇か』というのはOKらしい※

ある程度想像して近くまで
遊びに行ったのですが、

うん。
想像の5倍やった。

それで、子犬も、
虫はだいぶ苦手だったのですが、
虫が出ても

『ほっとけば大丈夫だよ~』
と言っていて、
『確かにそうだな』と思った記憶があります

・・・記憶があります

・・・記憶が・・あり・・・ま・・

はーぁん。
脈略のない話で、すみません。
しかも勝手に落ち込み。

あげてこあげてこ

いぇいいぇいいぇい~
ひやっほぉぉぉーーーーぃっ
ヒハハフーーーーゥーーーン

オイルマッサージの話はどこいったん。

さて今日は、子犬との一大事についてです。

子犬からバツイチ・子持ちであることを告白され、
受け入れられなくて、
別れのLINEを送って、
自滅して、

『え、別れる必要あったんかいな?』

と自問自答して、
①相談してみた
②調べてみた
③癒されてみた

を行いました。

今日は『②調べてみた』について、書きます

『①相談してみた』に比べて、
内容は薄いかもです。

先に謝ります。
すんません。

子犬に別れのLINEを送りつけてから、
とてつもなく落ち込んだ私は、

ありとあらゆる検索を行い
世間では
バツイチ・子持ち彼氏との交際・結婚について
どういう問題があるのかを
調べました。

今考えると順序、逆ですよね。
LINEの前に絶対調べるべき。
あじゃま。

『バツイチ子持ち 彼氏』
『バツイチ子持ち 1年隠す』
『後妻 前妻 関係』
『後妻 辛い』
『前妻の子ども 後妻』
『後妻業 儲かる』

あ、そういえば、
これまで結構重要なことを書いていないかも
知れないことに気づきました
(書いていなかったと思う・・・)

子犬と前妻さんの関係です。

また詳しく書きますが、
簡単に書くと以下の通りです

子犬の子どもは(←ややこしい)

前妻さんがご実家で育てられていて
今まだ保育園に入る前です。

子犬の今住んでいるところと
前妻さんのご実家は
車などで数時間ほどかかります。

面会に決まりはなく、
現在は2~3か月に1回の面会してます。
(前妻さんは抜きで)

平均的な養育費の支払いもあります

さて、
先程のキーワードで検索すると、
後妻さんのお悩み相談が色んなサイトで
挙がっていました。

そのほとんどが、
『子どもにまつわること』
でした。

これを見て、
同じバツイチでも
子どもがいるのといないのとでは、
全然違うんだなぁ・・・と実感しました。

例えば、

後妻さんとの間に子供がいないケースで、
夫と義父母が前妻さんとの間の子供の話を、
後妻さんの前で話されるのがつらい・・・

とか、

前妻さんの間の子供が
後妻さんと夫の家によく遊びにくるのがストレス・・・

とか、

前妻さんと、前妻さんとの間の子どもが、
後妻さんがいるときにも
夫の実家に頻繁に遊びに来ていてつらい・・・

とか。

これらの相談を見ながら
『いろんな問題があるんや』と
見ていました。

しかし、何より
私が一番、調べてみて、
衝撃を受けたのが、

これらの質問に対する
回答のつめたさ。

『後妻に入ったんだから当たり前

とか、

『誰も、子供と親とその祖父母を
引き離す権利なんてない

とか、

『何も考えずに結婚したなら浅はかだ

とか。

ひょ。
え、当方ヘタレすぎて
自信ないんすけど。

正論やけども。

お気を悪くされる方もいるかと思いますが、

『バツイチで子持ちの方』のイメージは、
初婚の方よりも、世間的には
ちょっとマイナスな感じがあると思っていました。

※個別案件は抜きで、世間のイメージ※

なので、私は勝手に、
それでも結婚したとなると、

結構、
甘やかされるんじゃね?

みんなちょっとしたことで、
褒めてくれるんじゃね?

夫も義両親も、
ちやほやしてくれるんじゃね?

なんて思ってました。

はい、甘い。
注:なお、私はアラサー。

『思ってたよりだいぶ大変なこと
ということを調べて知りました。

前妻さんとの間のお子さんのことを、
お子さんと自分は、
赤の他人ではありつつも、
色んなシチュエーションに合わせて、
すごく考えないといけない。

色々調べて以来、
まだ会ったこともなくて、
見たこともない、

子々犬くんについて、

日常の色んな場面で、
無意識に想像するようになりました。

あ、そうそうちなみに。

すでに長くなってますが。

私は、
『後妻さんの大変さ』を調べたときにふと、

前妻からみたら、
後妻さんってどうなん?

と疑問に思い、
調べてみました
(調べるの大好きかw)

すると、
前妻さんにも
ありとあらゆる苦労があることがわかりました。

私が調べたあるサイトは、
『後妻さんに不満をもつ前妻さん』

が集まるサイトだったのですが、

後妻、
メタメタにされました。

おそらくですが、
前妻さんはもう元夫に未練がなかったり、
あるいは振り切ろうとしている反面、

後妻さんは現在その夫のことを愛しているから、
嫉妬深くなったりするんでしょうね・・・

あるいは前妻さんの方が元夫に未練があるときは、

もう、女のアレや。
ばちばちや。

そのサイトがだいぶバイアスありすぎですが、

『後妻さんの嫉妬がこわい』
みたいな意見が多かったです。

うん・・・

知らない世界が見えました・・・。
どんなまとめ方や。

その他にも、
離婚されたご両親の
子供として育った方の意見など、
色々あったので、

見ると色々考える種はあるかもです

でも、参考になるか?と言われれば、
ケースバイケースすぎて・・・

って感じでした

頭パニック

コメント

タイトルとURLをコピーしました