バツイチ子持ち発覚後に、はじめて彼氏に空港であったときのこと⑥~おまけ~

スポンサーリンク
30代未婚女性の婚活
さすらい独りもの日記
スポンサーリンク
当分会わないだろうな…
そう思いながら、
子犬‌の車が遠ざかるのを見送りました。
そして、久々の実家に帰ると、
まだみんな起きていました。
『いろいろ大変やったな』
と母。
ほんまやで。
『子犬くん‌は、もうかえったん?』
『うん』
そして、久々の
温水シャワーに心躍らせ、
風呂から上がり、
スマホを探しました。
あら、ない。
(゚-゚)
家の電話から
スマホにかけてみました。
『プルルル、プルルル』
あら、
鳴らない。
(゚-゚)
『プルルル、プルルル』
『プルルル………
………もしもし‌』
子犬‌よ、お前か。
(゚-゚)
というか私のミス。
かっこいい大人の女性の雰囲気で
年下彼氏に別れを告げ、
当分会わないだろうなと
ドラマのごとく
彼氏の車を見送り、
その車にスマホを
忘れる女。
それが、私。
これが現実だ。
‌‌
友達降格を告げ、
当面のお別れを決めた1時間後、
『はい、スマホ‌』
…もう会うとるがな。
(゚-゚)
深夜に申し訳なさすぎて、
お土産や家にあった色んな食べ物、
それに高速代を包んで渡しました…
夏の風を切り裂いていく
子犬‌の車を
再び見送りました。
デシャブやな。
(゚-゚)
風がぬるい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました