親ぐらいの年齢のテレビマンおじさんからのアプローチ⑥

スポンサーリンク
30代未婚女性の婚活以外の恋愛
さすらい独りもの日記
スポンサーリンク

状況が状況だけに、
余計に帰りづらく私。

おじさま
『じゃあ、かんぱ~い


『・・・かんぱ~い

そして・・・
おじさまの辛い二度の離婚歴の、

長い長いお話が始まりましたとさ。

~お話は省略するとこんな感じ~

おじさんは、企業勤め時代に結婚

妻の浮気で離婚

アーティストと再婚

妻の浮気で離婚

以上。


『へ~ぇ、大変でしたね・・・』

おじさま
『僕が弱いだけなんやけどね』


『そんなことないですよ

おじさま
『いや、僕が本当に弱いんよ


『…頑張ってください

こんな会話を延々と繰り返しました。

そして
おじさんが弱いんか弱くないんか、
まじで興味ない。
(-_-)
死ぬほどどっちでもいいことやわ。
死ぬほどどっちでもいいことの例
→おじさんが弱いか、弱くないか。

おじさん話は、

あんまり興味がなかったけれど、

アイツもこんなんなんかなぁ~・・・

弱ってたんかなぁ~・・・

と思って、

それはちょっとだけ面白かったです

しかしこの後、
日が沈みかけると同時に、

部屋が薄暗くなっていきました・・・

<続>

コメント

タイトルとURLをコピーしました